ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 危機管理課 > 小瀬川洪水ハザードマップ

小瀬川洪水ハザードマップ

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月1日更新

小瀬川洪水ハザードマップ【平成14年度】

配布年度

 平成14年度

配布閲覧場所

 岩国市役所危機管理課(本庁舎2階)及び小瀬・装港出張所で閲覧

浸水想定区域図

 
区域図作成主体国土交通省中国地方整備局
区域図説明文

この図は、小瀬川水系小瀬川の洪水予報指定区間について、水防法の規定により指定された浸水想定区域と、この区域が浸水した場合に想定される浸水その他を示したものです。

この浸水区域等は、指定時点の小瀬川の河道に整備状況、弥栄ダム等の洪水調節施設の状況等を検討して、 洪水防御に関する計画の基本となる降雨である概ね100年に1回程度起こる大雨が降ったことにより小瀬川がはん濫した場合に想定される浸水の状況を、 シミュレーションにより求めたものです。

シミュレーションの実施にあたっては、支派川のはん濫、想定を超える降雨、高潮、内水による氾濫等を考慮していませんので、この浸水想定区域に指定されていない区域においても浸水が発生する場合や、想定される水深が実際の浸水深と異なる場合があります。

想定の前提
となる降雨
小瀬川流域の1日間総雨量280mm
その他
計算条件
錦川下流域(新幹線橋から河口まで)は、50mメッシュの平面2次元氾濫計算により、浸水区域を想定。これより上流区間は、谷あいを流下する河道形状のため、1次元の不等流計算により、浸水区域を想定。

ダウンロード

注: 避難場所の変更がありますが、上記PDFデータは、平成20年4月に岩国市分を修正・加工済です。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)