ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本郷町の概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月1日更新

本郷村全景本郷町の歴史は古く、当村中心部山裾から縄文時代の住居跡や、土器、土師器等が出土している。大化改新後の郷里制では、当村は玖珂郡9郷一駅のうち大野郷に属しその中心であったといわれている。やがて王朝制が緩み全国各地に荘園が成形されるに及んで、当村は山代郷に含まれ、藤原家領、御院領、西園寺領などを経、大内氏が山代郷に勢力を伸ばすようになって、15世紀初頭その支配下に下り大永年間頃、山代は六郷七畑、あるいは、国の五ヶ村、奥の八ヶ村に属していた。 

関ヶ原の役後、毛利氏が防長領国に封ぜられるに及んで山代は、萩藩直轄領となり、本村に代官所が設けられ、藩政時代を通じて本町は山代の政治、経済、文化の中心地として繁栄した。 神社、城塞跡、墓碑、処刑場などの数々の遺跡が当時の面影を残している。 

明治22年4月自治町村制の施行に伴い、本郷、宇塚、黒沢、本谷など四か村が合併して本郷村として新生し、さらに明治44年波野村が合併した。

平成18年3月20日、岩国地域8市町村と合併し、岩国市へ生まれ変わった。

  • 明治22年4月 自治制実施の際、本郷・本谷・宇塚・西黒沢の4村合併し本郷村となる。 
  • 明治43年2月 河波村のうち、大字波野部落を併合 
  • 昭和52年3月  本郷村歴史民俗資料館竣工 
  • 昭和53年 村営らかん高原牧場完成 
  • 昭和56年 らかん高原憩いの広場竣工 
  • 昭和62年4月 山村留学センター開校 
  • 平成3年9月 村営らかん清流バス運行開始 
  • 平成5年4月  本郷村ライスセンター完成(農作業受委託制度発足) 
  • 平成5年7月 本郷村歯科診療所改装オープン 
  • 平成8年4月 波野中営農飲雑用水施設 供用開始 
  • 平成9年3月 らかんハイウエー開通 
  • 平成9年4月 本郷村営農飲雑用水施設 供用開始 
  • 平成9年4月 美郷トンネル開通(主要地方道岩国錦線) 
  • 平成9年4月  農業集落排水処理場竣工 
  • 平成11年6月 本郷村診療所開設 
  • 平成13年6月 本郷小学校新プール完成 
  • 平成13年6月  本郷村農山村広場「コミュニティーグラウンド」完成 
  • 平成15年3月  きらめき交流プラザ竣工 
  • 平成15年5月  本郷村特産品加工施設「山代の里」オープン 
  • 平成18年7月31日  企業誘致の山陽三共有機株式会社撤退
  • 平成18年10月4日 新日本製薬株式会社(福岡市)との進出協定 調印
     中山工業団地 新日本製薬株式会社岩国本郷研究所
     神田工業団地 新日本製薬株式会社生薬栽培試験場