ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

建築基準法上の道路について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

建築基準法における接道義務

 都市計画区域内にある建築物の敷地は、建築基準法における道路に2m※以上接しなければなりません(建築基準法第43条)。

※建物用途によりこれ以上必要とする場合もあります。

建築基準法における道路とは

 建築基準法第42条に定義されているものです。敷地が接している道路がこの道路にあたるかどうかは、開発指導課にお問合せ下さい。

未判定の道路について

 まだ道路調査がなされていない道については、建築基準法第42条に定義されている道路かどうかを調査する必要があります。現場調査依頼書と添付図書を共に提出していただき、それを踏まえ現場調査等を行い判断いたします。なお、調査期間は2週間程度必要になりますので、あらかじめご了承下さい。

ダウンロード