ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

元町錦見線

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月1日更新

 国土交通省において、一般国道188号の渋滞緩和や交通安全対策として岩国南バイパスが山中ICから山手ICまで整備が進められ、平成20年3月29日に供用されました。引き続き一般国道2号のバイパスとして、山手ICから山陽自動車道大竹ICに接続した後、大竹市小方一丁目までの間を岩国大竹道路として事業が行われています。

 本路線は、その交通結節点となる山手ICへ市街地から発生する内外交通を効率的に上位路線へアクセスするため、岩国南バイパスの起点となる山手交差点から市役所方面へ580m区間(幅員27m)を整備するものです。岩国南バイパスの供用にあわせ、接続部の300mの線形改良を行いました。

 今後は、岩国大竹道路の施行にあわせて事業を行う予定です。

元町錦見線写真1 元町錦見線写真2