ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 水産港湾課 > コイヘルペスウイルス病について

コイヘルペスウイルス病について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

 こちらでは、コイヘルペスウイルス(KHV)病についての情報を掲載しています。

コイヘルペスウイルス(KHV)病まん延防止のためのお願い

 コイヘルペスウイルス(KHV)病は、日本国内では平成15年11月に茨城県霞ヶ浦で初めて発生が確認され、その後全国的に発生が拡大し、山口県においても発生が確認されています。
 KHV病はコイ(マゴイ及びニシキゴイ)に特有の病気で、死亡率が極めて高く、コイヘルペスウイルス病に感染したコイとの水を介した接触により感染します。
 市民の皆さんには、コイヘルペスウイルス病のまん延を防止するために、次のことについてご協力をお願いします。

 

  • 川や湖、釣り堀などで釣ったりしたコイを、ほかの川や湖・池などに放すのはやめてください。
  • 皆さんが飼育しているコイや死んだコイを、川や湖・池などに放したり、捨てたりすることはやめてください。
  • 飼育などのためにコイを購入するときには、事前にKHVが陰性であることを、店によく確認してください。
  • 市内の川や湖・池などでコイが死んでいるのを見つけた場合、また、コイが異常に死んだりした場合は、市水産港湾課、または、最寄りの総合支所までご連絡ください。

 

 KHV病はコイ(マゴイ及びニシキゴイ)に特有の病気で、他の魚や人に感染することはありません。また、この病気に感染したコイを食べたとしても人に影響はありません。

 

連絡先

  • 岩国市水産港湾課 0827-29-5118

 または、

  • 由宇総合支所農林建設課 0827-63-1114
  • 玖珂総合支所農林建設課 0827-82-0584
  • 周東総合支所農林建設課 0827-84-1117
  •  錦  総合支所農林建設課 0827-72-2117
  • 美和総合支所農林建設課 0827-96-1112

 

コイヘルペスウイルス病の感染確認について

平成26年7月10日、市内の学校において飼育されているコイにコイヘルペスウイルス病の感染が確認されました。

 池において飼育しているコイが次々と死んだり、エラの退色やエサを食べずに動きが緩慢になるといった異常な状態が見られる場合、あるいは、市内の河川、湖沼においてコイがへい死している状況を確認された場合は、

 

   岩国市水産港湾課             山口県柳井水産事務所

    Tel : 0827-29-5118    または、     Tel : 0820-22-0740

 

まで、すぐに連絡してください。

 なお、この病気を広げないために、池において飼育しているコイが死んだ場合は、絶対に川等に流さないでください。
 皆さんのご理解とご協力をお願いします。

※コイヘルペスウイルス病は、コイ(マゴイ、ニシキゴイ)だけがかかる病気であり、人にはうつりません。また、病気になったコイを食べても心配はありません。