ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

休日医療・救急医療

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月1日更新

 岩国市医療センター医師会病院救急センターでは、日曜日・祝日・夜間の急病に備え、次のとおり診療を行っています。

岩国市医療センター医師会病院救急センター(岩国市室の木町三丁目6-12)

  • 電話番号 0827-21-1199
  • 診療科目 内科・小児科・外科・歯科

診療時間

    平日・土曜 午後7時から午後11時まで(内科・外科)  受付 午後10時30分まで

  日曜・祝日 午前9時から午後11時まで(内科)     受付 午後10時30分まで

  日曜・祝日 午前9時から午後7時まで(外科)      受付 午後6時まで

          午前9時から正午まで(歯科)

 ※  平成30年3月までの間、日曜・祝日(午前9時から正午まで)に小児科医が出務しています。
 ※  専門医が出務できない場合がありますので、事前に御確認ください。

 

休日当番医について

 本市においては、日曜日・祝日・祭日に、岩国市医師会及び玖珂医師会の協力のもと、医療機関において当番制で診療を行える体制を整えています。

(※当番医は変更される場合がありますので、御確認の上、受診してください。)

休日当番医については、毎月15日号の広報紙に翌月の休日当番医を掲載しています。

当番医についてはこちら

こどもの救急

 山口県では、夜間、子供が急な病気やけがをした際に、専任の看護師や小児科医が症状に応じた適切な助言を行う電話相談を実施しています。 
 なお、この電話相談は、診察や治療は行うものではございません
 また、医療機関の紹介を行うものではありませんので、ご注意ください。

山口県小児救急医療電話相談について<外部リンク>

 電話 #8000 (携帯電話及びプッシュ回線の固定電話から利用できます。)
 または、083-921-2755 (すべての電話から利用できます。)

  • 受付時間  毎日 午後7時~翌日午前8時
  • 相談対象者 15歳未満の子供

 

 生後1か月から6歳までの子供を対象に、夜間や休日などの診療時間外に医療機関を受診するかどうかの判断の目安に御利用ください(厚生労働省研究班・日本小児科学会監修によるサイトです。)。

救急医療の現状

休日や夜間に、「昼間は仕事があるから」「夜間の方がすいているから」などの理由で、救急医療機関を受診する方が増えています。その結果、重症患者の診療に遅れが生じるなど、救急医療体制を維持していくことが危ぶまれる状況にあります。

広報いわくにの掲載記事

  1. 緊急事態「岩国市の救急医療を守るために市民の皆さんにお願いがあります」 (平成22年9月1日号)
  2. 大切な救急医療を守ろう!~市民の皆さんも一緒に考えましょう~ (平成23年4月1日号)
  3. 救急医療があなたを守る (平成23年9月1日号)
  4. 9月9日は「救急の日」 (平成24年9月1日号)
  5. 救急医療を守るために   (平成25年9月1日号)
  6. 救急医療を守るために  (平成26年9月1日号)
  7. 救急医療を守るために  (平成27年9月1日号)
  8. いのちを守るために  (平成28年9月1日号)
  9. 救急医療を守るために(平成29年6月1日号) (PDFファイル)(1.93MB) (平成29年6月1日号)

私たちにできること

 救急医療は、限られた医師・看護師等の医療スタッフにより診療を行っています。可能なかぎり通常の診療時間内に受診するよう心掛けましょう。

「かかりつけ医」を持ちましょう

 「かかりつけ医」を持つことで、日頃から健康に関する相談ができるとともに、診療の際に適切なアドバイスが受けられます。 

救急医療機関を受診するとき

 救急医療は、緊急事態に備えるためのもので、限られた医療スタッフで診療を行っていますので、専門医の治療が受けられないことがあります。
 緊急度や重症度に応じて、治療の順番が変わることがあります。
 健康保険証、お薬手帳等をお持ちください。

救急車適正利用のお願い 

 救急車の出動件数は、年間約7,000件にのぼっています。
 緊急性のない病気や怪我などで救急車を利用すると、急病や重症、交通事故など救急性がある人の搬送に支障を来します。真に緊急を要する方のために、救急車の適正な利用をお願いします。
 緊急性があるか、重症かどうかの判断が困難な場合は、迷わず119番通報をしてください。

角丸四角形: みんなで守ろう 私たちの救急医療!~「救急医療を守る」主役は、市民の皆さんです ~                             

救急医療講演会 

 全国的な地域偏在に伴う医師、看護師等医療スタッフの不足による救急医療体制の崩壊が心配されていますが、本市においても例外ではありません。
 本市の救急医療の現状や適切な受診対応について、関係医療機関の協力のもと、救急医療講演会を開催しています。

 詳細はこちら 

 申込書

「岩国市地域医療計画」について

 本市においては、平成18年3月の市町村合併から8年が経過し、市立病院を取り巻く環境等の変化への対応や離島を含めた市立診療所のあり方の検討、市救急医療対策協議会設置後3年を経過した中での救急医療体制の検証など、本市の今後の医療提供体制のあり方や医師会等関係機関の役割等を定める必要性を見い出したところです。
 本計画は、本市が直面している喫緊の課題など医療提供体制等について、一定の方向性を示すために策定しました。

「いつつばしネット」

 「いつつばしネット」とは・・・「岩国医療連携情報システム」
 岩国地域医療圏の基幹病院と地域の医療機関間の「連携」を円滑で密なものとするため、大容量の「情報」をリアルタイムに効率良くオンラインでやりとりできるネットワーク「システム」をいいます。

 簡単にいうと・・・

 基幹病院と地域の医療機関が、患者様の同意のもと、診療情報を共有することにより、基幹病院において行った検査や診断、治療内容・説明内容を正確に理解し、診療に反映できるネットワークのことです。

 詳細については、こちら

リンク 

県内の救急、夜間・休日に受診できる病院・診療所などを検索できます。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)