ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保険年金課 > 接骨院や整骨院(柔道整復)での施術について

接骨院や整骨院(柔道整復)での施術について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月1日更新

接骨院・整骨院で保険を使って施術を受けられるのは、外傷性のけがの場合に限られます。

保険証が使えるとき

   ・打撲、捻挫、肉離れ

   ・医師の同意がある場合の骨折・脱臼の手当て

保険が使えない場合

   ・日常生活や加齢からくる疲労・肩こり

   ・脳疾患後遺症などの慢性病

   ・労働災害保険が適用となる仕事中や通勤途上での負傷

施術を受けるときの注意

  1. 負傷の原因を正確に伝えましょう。外傷性の負傷でない場合や、負傷原因が労働災害等に該当する場合は保険の対象となりません。また、交通事故の場合は保険年金課または総合支所の窓口に届出をお願いします。
     
  2. 保険医療機関(病院・診療所など)で治療中の負傷は、柔道整復の施術を受けても保険の対象になりません。
     
  3. 施術が長期化する場合は、病気などによる内科的原因も考えられますので、医療機関で医師の診断を受けましょう。
     
  4. 療養費支給申請書への署名(サイン)は、柔道整復師が患者の方に代わって保険請求を行うために必要ですので、ご自身で記入してください。
     
  5. 領収書は毎回必ず受け取って保管しておき、市から送付する医療費通知で施術回数などの確認をしてください。また、医療費控除を受ける際にも必要です。

患者調査についてのお願い

岩国市では、国民健康保険で柔道整復の施術を受けられた方へ文書や聞き取りによる患者調査を実施しております。対象となる方は、多部位、長期継続、施術回数が頻回傾向である柔道整復施術療養費支給申請書が岩国市に提出された方となります。みなさまの保険料を財源として支給する柔道整復の施術の療養費の適正化のため、ご協力をお願いいたします。