ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 子育て > 妊娠・出産 > 妊婦・乳児一般健康診査を公費で受けることができます。
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 子育て > 乳幼児健診 > 妊婦・乳児一般健康診査を公費で受けることができます。

妊婦・乳児一般健康診査を公費で受けることができます。

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月2日更新

 妊婦一般健康診査(14回)および乳児一般健康診査(1か月児、3か月児、7か月児)の費用を助成します。受診には、市が交付する受診票が必要です。受診時に医療機関に母子健康手帳とともに提出し、健診結果を記入してもらってください。

健診の対象者

健診受診日において、岩国市民であることが必要です。
他市町村へ転出の場合には、受診票は使用できなくなりますので、ご注意ください。 (他市町村の制度をご利用ください。)

岩国市へ転入された方

 転入により、受診票をお持ちでない方は、最寄の保健センターにお越しください。受診票を交付します。 その際、母子健康手帳と転入前の受診票をお持ちください。あわせて、岩国市の母子保健に関する情報をお伝えします。

岩国市から転出された方

 転出日当日から岩国市交付の受診票は使用できません
 転出先の母子保健担当窓口で、サービスの紹介を受けてください。

受診票が使用できる医療機関

 岩国市が交付する受診票が使用できる医療機関は、山口県内の医療機関と広島県(一部)に限られています。

健診費用の償還助成について

 里帰り出産等で、県外(国内)の医療機関(委託医療機関以外)で健康診査を受診された方は、妊婦一般健康診査および乳児一般健康診査(1か月児のみ)の費用を償還払いにて助成します。医療機関で健診結果を受診票と母子健康手帳に記入してもらってください。

  • 乳児3か月・7か月児健康診査は償還助成制度の対象にはなりません。
  • 産婦の産後1か月健康診査は助成制度の対象ではありません。

償還助成の方法

 健診費用を支払った後、下記により、助成申請をしてください。 岩国市の基準に基づき助成額を算定し、指定の口座へ振り込みます。(受診回数の検査項目に該当しないものや健診 でないものなどは対象費用に含まれません。)
 申請手続き完了から、指定の口座振込みまで、1か月程度要します。

○申請方法:提出書類をそろえて、保健センターで申請してください。
印鑑(朱肉を使用するもの)をお持ちください。

提出書類 :
(1) 妊婦一般健康診査費助成申請書または乳児一般健康診査費助成申請書
   ※妊婦一般健康診査については、平成29年3月までの健診と平成29年4月以降の健診で申請書が異なります。健診日に応じた申請書を提出してください。
(2)領収書(健診日・医療機関名・受診者氏名・妊婦健診または乳児1か月児健診であること・妊婦健診または乳児1か月児健診の金額がわかるもの) 
  ※領収書は原本が必要です。返却希望の方はこちらではコピーをとって、お返しします。(返却できるのは申請時のみです。)
  注)産婦の産後1か月健診は対象になりません。
(3) 母子健康手帳の写し(健診結果記載のページ)
(4)健診受診票
(5) 相手方登録申請書…申請者本人の名義の口座登録が必要です。 (妊婦健診については、妊婦本人、乳児健診については、保護者(父または母)が申請者です。)

○申請期限 : 妊婦一般健康診査…最後の妊婦健診日から6か月以内
         乳児1か月児健康診査…健診日から6か月以内
     
 償還助成に必要な様式((1)および(5))は、下記からダウンロードできます。

申請は郵送でも受け付けています。その際領収書は原本を提出して下さい。
領収書の返却が必要な場合は切手を貼った返信用封筒(送付先も記載したもの)を同封してください。

  • 提出先:〒740-0021 山口県岩国市室の木町三丁目1-11 岩国市保健センター

ダウンロード


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)