ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

住民票の閲覧申請

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月1日更新

平成18年11月1日から、閲覧制度が改正されました。

 平成18年11月1日に施行された『住民基本台帳法の一部を改正する法律』により、何人でも閲覧を請求できるという従来の閲覧制度が廃止され、閲覧することができる場合を限定し、ダイレクトメール発送を目的とした営業活動等の閲覧ができなくなりました。個人情報を十分に配慮した制度として再構築され、偽りその他不正の手段による閲覧に対する罰則も強化されました。
 閲覧することができるのは、以下の場合に限ります。いずれの場合も、閲覧の目的等の申請内容を審査の上、閲覧の可否を決定します。

  1. 国及び地方公共団体の職員が法令の定めによる事務または事業の執行のため閲覧申請する場合
  2. 次の場合に該当する申出があり、市長がその申出を相当と認める場合
    ア.統計調査、世論調査、学術研究その他の調査研究のうち総務大臣が定める基準(※)に照らして公益性が高いと認められるもの
    イ.公共的団体が行う地域住民の福祉の向上に役立てる活動のうち公益性が高いと認められるもの
    ウ.訴訟の提起その他特別な事情による居住関係の確認で営利目的でないもの

 ※総務大臣が定める基準(概要)

  1. 放送機関、通信社等報道機関が行う世論調査は、結果が報道されること
  2. 大学その他学術研究を目的とする機関若しくは団体またはそれらに属する者が学術研究の用に供する目的で行う調査にあっては、その調査結果、またはそれに基づく研究が学会等を通じて公表されること
  3. 前2号に掲げるもの以外の調査研究にあっては、その調査研究が統計的調査研究であり、その調査結果またはそれに基づく研究が公表されることにより国または地方公共団体における施策の企画・立案や他の機関等における学術研究に利用されることが見込まれること

閲覧の申請について

 事前に電話等により閲覧日の予約をしてください。予約後、以下の事項を明らかにした書類(所定の様式があります)とその他添付資料を本庁市民課宛に郵送または本庁市民課窓口にお持ちください。書類が届き次第市民課内で審査し、後日連絡いたします。不明な点がございましたら本庁市民課までお問い合わせください。

ア.国または地方公共団体の機関が閲覧請求する場合

  • 閲覧請求申請書(様式1)(PDFファイル)
    ・機関の名称
    ・閲覧者の職名、氏名
    ・事務責任者の職名、氏名
    ・請求事由
    ・請求に係る住民の範囲
    ・閲覧希望日時
  • 国または地方公共団体の職員であることを証明する身分証明書の写し

イ.国または地方公共団体の機関が閲覧請求する場合で、犯罪捜査に関するものその他の特別の事情により請求事由を明らかにすることが困難である場合

  • 閲覧請求申請書(様式2)(PDFファイル)
    ・機関の名称
    ・閲覧者の職名、氏名
    ・事務責任者の職名、氏名
    ・請求を必要とする事務の内容
    ・根拠となる法令
    ・請求事由を明らかにすることが困難である理由
    ・請求にかかわる住民の範囲
    ・閲覧希望日時
  • 国または地方公共団体の職員であることを証明する身分証明書の写し

 ウ.法人が閲覧請求する場合

  • 閲覧申出書(様式3)(PDFファイル)
    ・申出者の氏名、住所
    ・閲覧事項の利用目的
    ・申出に係る住民の範囲
    ・閲覧者の氏名、住所
    ・閲覧事項の取扱者の範囲
    ・活動責任者の住所(または役職名)、氏名
    ・閲覧事項の管理方法
    ・調査研究に利用する場合は、その成果の取扱いと実施体制
    ・委託者がいる場合は、委託者の氏名(法人名及び代表者)、住所(所在地)
    ・閲覧希望日時
  • 法人登記簿謄本
  • 事業所概要
  • 大学の委員会または学部長による証明や、日本世論調査協会・市場調査協会による証明書など
  • プライバシーマークが付与されている証明またはプライバシーポリシー
  • 誓約書(PDFファイル)
  • 住民基本台帳カードや旅券、運転免許証などの身分証明書の写し(官公署が発行し、本人の写真が添付されたもの)
     ※身分証明書をお持ちでない場合は、郵便等により閲覧者に文書で照会し、その回答書と健康保険証などの書類を持ってきていただきます。

 エ.個人が閲覧請求する場合

  • 閲覧申出書(様式3)( PDFファイル)
    ・申出者の氏名、住所
    ・閲覧事項の利用目的
    ・申し出に係る住民の範囲
    ・閲覧者の氏名、住所
    ・閲覧事項の管理方法
    ・委託者がいる場合は、委託者の氏名、住所
    ・閲覧希望日時
  • 誓約書(PDFファイル)
  • 住民基本台帳カードや旅券、運転免許証などの身分証明書の写し(官公署が発行し、本人の写真が添付されたもの)
     ※身分証明書をお持ちでない場合は、郵便等により閲覧者に文書で照会し、その回答書と健康保険証などの書類を持ってきていただきます。

閲覧できる項目

  • 住所
  • 氏名
  • 出生の年月日
  • 男女の別

※ただし、ドメスティックバイオレンス及びストーカー行為等の被害者で、支援措置を講じている方は記載されません

閲覧できる日

火曜日~木曜日(ただし、祝日及び祝日の翌日は閲覧できません)
 ※12月25日~翌年1月15日及び3月19日~4月30日は繁忙期間のため、原則閲覧できません

閲覧できる時間

午前9時~午後4時30分まで(ただし、午後0時~午後2時までは除く)

閲覧できる人数

2人まで

手数料

1件につき200円

閲覧の場所

岩国市役所本庁1階 市民課

注意事項

  • 閲覧をするときに閲覧者の身分証明書を提示していただきます。
  • 偽りその他不正の手段により閲覧し目的外使用が明らかになった場合には、法の定めにより過料等に処せられます。(平成17年4月1日個人情報保護法に関する法律の全面施行のため閲覧の際の審査厳格のため)
  • 転記用紙は、岩国市備え付けの用紙を使用してください。
  • 独自に作成したリスト等にチェックや書き込みはできません。
  • 閲覧台帳・転記用紙の持ち出しや、カメラ等による撮影はできません。

※プライバシーの侵害につながるような不当な請求には応じられません。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)