ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成26年度税制改正について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月1日更新

平成26年度の市県民税の主な改正点について

公的年金所得者の寡婦(寡夫)控除に係る申告手続の簡素化

 平成25年分から年金保険者に提出する扶養親族等申告書に「寡夫(寡夫)」の記載が追加されたことにより、公的年金に係る雑所得以外の所得がない場合は申告書の提出が不要となりました。ただし、年金保険者に提出する扶養控除申告書に寡婦(寡夫)の記載を忘れたり、扶養控除申告書を提出しなかった場合には寡婦(寡夫)控除は適用されないため、確定申告または市・県民税の申告が必要となります。