ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 救急・防災・防犯・安全 > 消費生活 > なりすまし詐欺(オレオレ詐欺)にご注意下さい!

なりすまし詐欺(オレオレ詐欺)にご注意下さい!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月3日更新

手口が巧妙化する「振り込め詐欺」にご注意を!
   1月24日に、市内で被害が発生しています。十分に注意してください。
 全国的に、息子や孫を名乗る「オレオレ詐欺」や警察官・官公庁職員などを名乗って「カードを預かる」などと言って自宅まで来てキャッシュカードを騙し取り、現金が引き出されるといった振り込め詐欺の被害が発生しています。

事例(1)

 高齢者宅に息子や孫を名乗る男から、

 「○○にお金を借りている。今日までに返さないと大変なことになる。」

 「先輩の車を借りて事故を起こしたので、お金を払わなければならない。」

 「飲酒運転で事故を起こして直ぐにお金を払わなければいけない。」

 などといった電話がかかり、お金を振り込んでしまった。

事例(2)

 高齢者宅に、○○○○省の職員を名乗る男から、

 「医療費の払い戻しがあります。明日、係員を行かせます。」

 「キャッシュカードを用意しておいて欲しい。」

 と電話があった。
 そして、翌日、女性方に再び昨日の者から、

   「今から職員の△△を行かせます。」 「キャッシュカードを渡してください。」

 との電話がかかり、通話中に△△と名乗る者が女性方を訪れ、キャッシュカード1枚を渡したところ、現金100万円を引き出された。

《アドバイス》

  • 不審に感じたら、最寄りの警察署にすぐに相談する。
  • 1人で判断せずに家族に相談する。
  • 公的機関がカードを使って現金を還付することはないので、「還付金」、「キャッシュカードを預かります」という電話は、まず「詐欺」を疑う。
  • 他人にキャッシュカードを渡したり、暗証番号を教えない。

関連情報