ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 救急・防災・防犯・安全 > 交通安全 > 道路交通法が3月12日から一部改正されました。

道路交通法が3月12日から一部改正されました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月3日更新

概要

平成29年3月12日から道路交通法の一部が改正されました。

○高齢者講習制度に関する規定

○準中型免許に関する規定

高齢者講習制度に関する規定

・ 75歳以上の方が、運転免許を更新する際、認知機能検査を受けることになります。この結果によって、記憶力・判断力の心配のない方や軽度の低下がみられる方は2時間または3時間の講習を受講し、認知症のおそれがあるとされた場合は、臨時適性検査または医師の診断書提出が必要となります。


高齢者講習制度


・ 75歳以上の方は、更新時以外でも、認知機能が低下したときに起こしやすい違反があった場合、臨時認知機能検査や臨時高齢者講習を受けることとなります。また、認知機能検査や臨時認知機能検査で、認知症のおそれがあると判定された方は、医師の診断をうけることとなります。


・ 75歳未満の方は、3時間から2時間の講習に変わります。

準中型免許に関する規定

・ 準中型免許(18歳から受験可能)が新設され、準中型免許では車輌総重量7.5トン(最大積載量4.5トン未満)の自動車を運転できます。

・ 法改正後に普通免許を取得された方が運転できる車輌は、車両総重量3.5トン未満(最大積載量2トン未満)となります。

関連リンク